スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

誤表示 2

百貨店、ホテル、レストラン、飲食店のウソ表示の告白が止まりませんね

※百貨店は偽装表示と認めるケースも出始める。

みんなやってるみたいで今なら出しても目立たないから今のうちに言っちゃえ!

“赤信号みんなで渡れば怖くない”って感じでしょう。


でも、この状況は異常ですよね。


そこで、ブランドの信用をなくすウソ表示をしたと公表したお店を知る限り記しておきます。
年をとると忘れやすいんで。


■ウソをついて不当な利益を得ていた【百貨店の部】
高島屋、三越、伊勢丹、そごう、西武、大丸、松坂屋、小田急、京王、東武、


■ウソをついて不当な利益を得ていた【ホテルの部】
阪急阪神ホテルズ系列、ザ・リッツ・カールトン大阪、近鉄系、小田急電鉄系列、東急系、ホテルオークラグループ、JAL系列、第一ホテル東京シーフォート(品川区)、吉祥寺第一ホテル(武蔵野市)、京都新阪急ホテル(京都市下京区)、ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区)、大阪新阪急ホテル(同)、ホテル阪神(大阪市福島区)、六甲山ホテル(神戸市灘区)、宝塚ホテル(宝塚市)、宝塚大劇場内「フェリエ」(宝塚市)、阪神競馬場内「フローラ」(宝塚市)、関西学院会館内「ポプラ」(西宮市)


過去には東京ディズニーリゾートのレストラン、ヒルトン東京、プリンスホテルでも偽装表示はされていました。
各社は全額返金、景品表示法違反(優良誤認)で排除命令が出され閉店など、様々な対応と処分を受けています。



上記の後書きとして

【ブランド失墜から復活した企業】を紹介しようと思ったんですけど・・・

過去の歴史の中に、ほとんどないんですね。驚き!


“賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”ビスマルク

歴史の結果から得た教訓を学び判断するが吉。


ブランドを守れなかった企業の未来は、多難と苦難の連続。

ブランド失墜(損失)からやり直すなど、思っているより、そう容易いモノではないのですね。


ブランド価値の向上を戦略的に行いながらも、

ブランド損失が起きないよう未然に防ぐ準備をするが吉。

ということです。


せっかく育てた会社を失わない為にも
ブランドマネージメント契約はしておくことが大事です。

■市場から求められるプラスアルファの価値をつくる(ブランド戦略・市場開発)

■市場と企業のブランドイメージを一致させる(ブランドマネージメント)

■ブランドの推奨規定と禁止規定をつくる(ブランドマネージメント)

index_strategy.jpg
◆有資格者であるブランドマネージャーがご相談に乗ります。お気軽にご相談下さい。
関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。